スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂食障害が増えた時代

ある記事によると、
摂食障害が急速に増えだしたのは、

「海外では、リストカットも摂食障害も1980年代~
爆発的に増えていきました。
1980年代~世界的に発達したものと言えば、
テレビや雑誌の情報メディア文化です。

日本の場合、拒食症はテレビが普及してきた1960年から増え始め、
過食症は1975年以降、コンビニエンスストアの増加ともに、
増えてきたと言われています。」

そう考えると1975年生まれの私は
18歳の時に発病したので世界で爆発的に
増えていったとされる時代とほぼ同じですね。

たしかにその時代自分と同じように
摂食障害であろう友人や知り合いを大学で数名みかけましたし、
街を歩いていてもたまに同じように
とても痩せた身体の女性と出会うこともありました。

かといって当時、治療に関して
あまり進んでいるイメージはありませんでした。
鬱や摂食障害という言葉だけは、
世間一般に認知されるようになっていましたが
ではいざ自分がその立場になった時に
どこへ助けを求めて良いのやら・・・?
といった状態だったと思います。

去年ある栄養士さんのブログに
このような記事が書かれていました。

「厚生労働省は、
やっと「摂食障害」の治療を充実させるため、
来年度全国に治療や研究の拠点を
10か所程度整備する方針だそうです。」
※去年の記事ですので、今年の事ですね。

摂食障害センター設立準備委員会(HP)。

そのホームページに、
摂食障害とは・・・とあり以下のような文が掲載されていました、
「低栄養状態によって様々な身体合併症が生じ、
結果的に学業や社会的活動、あるいは対人関係が著しく阻害されることも大きな問題です。
発症すると本人の心身への影響が多大であるだけでなく、
家族の負担も極めて大きく、また、社会的な損失が大きいと言えます。」

まさに18歳の自分に降りかかった出来事と同じです。
失うものは健康だけではなく、
10代の貴重な時間を膨大に損失してしまったと
今でも思っています。
※もちろんやり直しはいくらでもきくし、
だからこそ今の自分があるとも思いますが・・・。

もっと治療が進んでいくといいな・・・と思いました。

ランキングに参加しています。
励みになります、よろしくお願いします。o(_ _*)o


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村
にほんブログ村のランキングへ


摂食障害 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメKさんへ

こんなのんびり更新ブログにありがとうございます!

わんちゃんは大人のわんちゃんなのですね。
じゃあ、落ち着いているから安心ですね。^^

Kさんの身長体重がわからないので、
何とも言えませんが、私も10キロ近く戻りました。

そして同じく、その後抵抗する時期があって
また痩せそうになった時にまたもう一度普通に
食べよう!と思える機会に巡り合えました。
それでも、そのあとも心の葛藤はかなり長い間続きました。
普通の体重を保ちつつ、毎食ちゃんと食べる生活です。

そしてKさんと同じく過度の過食が起きた時は
チューイングも続けていました。
が、一番ひどい時の体重に戻ることもなく、
また拒食に戻ることもなく・・・。
過食の症状は数年単位で頻度を減らしながら、
本当に落ち着いたのは10年経ってからです。^^;

本当に自分は時間がかかってしまったタイプで、
3歩進んで2歩下がりながら
自分も小さな変化に気が付かないうちに・・・
という感じです。

社会復帰第一弾はちょっと失敗してしまったかもしれないけど、
そのバイトを始めようとした自分だけでも
かなりの変化だったのでは?と思っています。^^
失敗しない人間はいないと思うので、
またKさんの心が充電できた時にお仕事
復帰されるといいですね。
陰ながら応援していますね。

団塊ジュニアの爆発ストレス?

たはは。 私、1974年生まれ。発症18歳。

ウィキペディアによると源氏物語にもその症状(拒食症)はでているようですし、17世紀にはヨーロッパで医学的に捉えているというからには、相当古くからあったんでしょうね。
ただ、診断や位置づけが難しかっただけで。

日本には「気力の問題だっ」で乗り切れると思っているおエライさんが多そうだなぁ。
「飽食に甘えたあげく見かけを気にする甘え病」とか思っているオッサン(わが父含め)多いもの。
「精神的なことが食に向かう」ことがまず理解できないし、ましてや「見かけを気にすることが行き過ぎるのも病」だとはなかなか理解できないのでしょうね。

日本には拒食過食専門のカウンセラーも少ないし。
時間は薬だけど、早く治るにこしたことはないな、と時間がかかった私は思います。
私も、失った時期が女の子がなーんにもしなくても綺麗で可愛い時期だったから(私の造形は別としてね)。無鉄砲に無邪気な時期を過ごせなかったから。

後遺症かな。大食い番組、見られません。気持ちが落ち着かなくなっちゃって。無理して食べたり、食べ物をむちゃくちゃ口に突っ込んでいるのは本当に嫌です。

Re: 団塊ジュニアの爆発ストレス?

メガネさんへ

コメントありがとうございます。
同じく18歳で発病しました。
摂食障害はそんなに早い時代からあったのですね・・・。
うちも最後まで父は理解できなかったようです。
圧倒的に女性が多い病ですし、
一般的な男性には理解しがたい病気だと思います。
アルコール中毒や薬物中毒にしかり、依存の病気?体験は
他者が理解するのは難しいのかな?とも思います・・・。(泣)
私は大食い番組は大丈夫なのですが、
これはきっと後で吐いてるのでは??と考えてしまいます。
あれだけ食べて、現実的に胃袋が耐えられるのかな???とか、
胃や腸が炎症起こさないのか?不思議でなりません。^^;
どちらにせよ、食事は楽しく食べたいですよね。^^;
Secret

プロフィール

akarin

Author:akarin
初めまして!akarinと言います。
39才の主婦です。

18才の頃に摂食障害になり、
20代はずっと悩んできました。
15、6年の月日を経て、現在は完治していると思います。
過去を振り返って、ブログを書いていこうと思います!

専門家ではないので、
正しい知識はありませんが、
わたしが体験してきた話を書いています。

摂食障害の治る過程やなる過程は人それぞれだと思っています。
お役にたてるかわかりませんが、少しでも何かのきっかけやヒントになれば・・・。

最新記事

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

訪問ありがとうございます

読んでくださった方へ。

私自身、交流の中で成長させて頂いています♪コメント、拍手、ランキングクリックとても励みになっています。また拍手コメントは返信欄がないので、拍手コメントを頂いた記事に返信させていただいています♪

人気記事ランキング

過去ログ +

2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【5件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【7件】
2014年 06月 【6件】
2014年 05月 【11件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【18件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【9件】
2013年 10月 【11件】
2013年 09月 【6件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【14件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【14件】
2012年 11月 【14件】
2012年 10月 【25件】
2012年 09月 【20件】
2012年 08月 【25件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【14件】
2012年 03月 【20件】
2012年 02月 【18件】
2012年 01月 【5件】

月別アーカイブ

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
68位
アクセスランキングを見る>>

RSS登録er

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。